OnePlus 5Tという機種にスマホを変えました。OnePlusというメーカーの最新ハイエンドモデルで、使い勝手はとても良いです。
iPhone XやPixel 2と比べた記事は巷に溢れているので、以前使っていた機種と比べてどう変わったのか、個人的な評価と比較、購入方法などを記載したいと思います。

Continue reading

2017年の冬コミ(C93)で本を出しました。 開催前にお知らせを書くはずでしたが、すっかり忘れていたので参加記になりました。

そもそも本を出すのが初めてなうえ、コミケに一般参加したこともそんなに無い状態だったので、色々と分からないことだらけ。 実際出してみると色々発見があったので、ここにまとめておきます。

(2018-06-24追記) []Boothでオンライン販売](https://esplo.booth.pm/items/829500)をしています。ご興味ある方はぜひご覧ください。

Continue reading

Scala Advent Calendar 2017の17日目の記事です。
前日は@yoshiyoshifujiiさんによるインフラストラクチャ層からのエラーについて考えるでした。

背景

slick-codegenは、DBのスキーマから対応するコードを自動生成するプログラムです。
同じようなコードをひたすら書く作業を無くしてくれる、頼れるやつです。
Slickを使っている人であれば、一度は使ったことがあるかと思います。

そんな便利なslick-codegenは公式のドキュメントでも紹介されています(Schema Code Generation) が、あまり説明が無いため、実際どのようなカスタマイズができるのかが分かりにくかったりします。
また、サンプルのリポジトリが紹介されていますが、ここに無い使用方法も多く存在します。
APIドキュメントを読み解けば良いですが、もっと雑に何が出来るか知りたいところ。

ということで、いくつか使えそうなサンプルを掲載して、その中でカスタマイズ方法を説明しようと思います。
なお、本記事の末尾に全てのサンプルを組み合わせたコードを貼り付けますので、実際に使ってみたい方はそちらをご利用ください。

Continue reading

Getting Over It with Bennett Foddy を買いました。
買ってしまいました、という方が正しいでしょう。

一人で進めてゆくのがあまりに辛いので、記事にして少しでも達成感を得るつもりです。
なお、既存のプレイは一切見ず、ネタバレなしで進めています。

今回は初回ですので、ゲームの紹介と最初の難所の攻略です。

このゲームは

クソゲーです。

もう少し詳しく説明をすると、悪意のある高難易度ゲーです。
「予算がない」「技術が追いつかない」などのある種しょうがなく生まれるクソゲー達とは異なり、そもそも人に不快感を与えるのが目的 という、ディオもビックリの悪っぷりです。

百聞は一見に如かず。30秒ほどのプレイ動画を撮りましたので、これを見るとおおよそ言わんとすることがわかるかと思います。

ちなみに、何故下半身が釜なのかなどは不明です。
もはやそんなことはどうでもいいです。
詳しい説明を見たい方は、Steamの紹介ページから見ましょう。

どのように辛いか

高難易度ゲー(死にゲー)と訊くと、真っ先にI wanna be the guyが浮かぶと思います。
しかし、あちらは自由に動き回れるアクションゲーム。

こちらは主に操作性の悪さでストレスを与えて来ます。
それだけならまだしも、このゲームの悪い所は手戻りです。

苦労して乗り越えた箇所を悠々通り過ぎ、最初の地点まで戻る。これが辛い。

攻略?

最初の難所

さて、辛いばかり書いていたらやりたくなくなってきたので、攻略記事っぽくします。
最初の難所、「木」の越え方を考えます。

ここからはネタバレありなので、自分でプレイしたい奇特な方はブラウザバックしましょう。

Continue reading

海外に行くとなると、何かしらの手段で現地国のお金を入手しなければなりません。

発展している観光都市なら多くのお店でクレジットカードが使えますが、チップとして渡したり、万一カードが使えなかった場合の保険としてなど、いくらかの現金は空港に着いた際に持っておきたいところです。

両替には意外と様々な手段があり、知っていると知らないとでは大きな損失が生まれたりする ので、ここにまとめておきます。

結論だけ言うと、「 ドルやユーロならマネパ 、少しマイナーな通貨なら インターバンク 。少額なら気にせず クレカ 支払い 」となりました。

Continue reading

Author's picture

esplo